【平安名純代・米国特約記者】東京で4月6日に開かれた日米防衛相会談で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画について、小野寺五典防衛相がヘーゲル国防長官に対し、「沖縄県の要望を満たすため、年内に工事に着手する方法などを模索している」などと伝えていたことが分かった。