県内で女性が男性と同じ額の年収を得るためには、59・4日分余計に働かないといけない-。働く女性のNPO法人「日本BPW連合会」(東京都)が実施した都道府県別男女の賃金格差の調べで、沖縄の女性が男性の1年分の賃金を手にするのは「翌年の3月22日」になることが分かった。