那覇空港ビルディング(兼島規社長)は13日、国内線と国際線の両ビルを結ぶ「際内連結ターミナル」の落成記念式典を開いた。18日から供用を開始する。ターミナルビル内の移動が楽になり、利用客の利便性が向上する。式典には国や県、施工業者など関係者ら約600人が参列。新たな交通拠点の新設を祝った。

18日にオ-プンする際内連結タ-ミナル(右側)=13日、那覇空港

式典でテ-プカットする那覇空港ビルディングの兼島規社長(右から3人目)ら=13日、那覇空港

完成したターミナルの地図

18日にオ-プンする際内連結タ-ミナル(右側)=13日、那覇空港 式典でテ-プカットする那覇空港ビルディングの兼島規社長(右から3人目)ら=13日、那覇空港 完成したターミナルの地図

 18日以降は、国内線と国際線とともに、一つのターミナルとなることから、名称を「那覇空港旅客ターミナルビル」に統一する。新ターミナルビルの延べ床面積は、約15万2500平方メートルとなる。

 チェックインカウンターを増設する。これまで貨物ターミナルで搭乗受け付けをしていたピーチ・アビエーションとバニラ・エアも移転。手荷物検査の迅速化なども図る。

 物販や飲食の36店舗、県内工芸品を展示販売するサービスコーナーなども開業。新たな文化交流やビジネスチャンス拡大にも期待が高まる。

 兼島社長は「那覇空港は県民の重要な生活基盤であり、沖縄経済を支える要でもある。増大する航空需要の受け入れ環境整備に努めながら、今後も利便性と快適性の向上に取り組む」とあいさつした。