沖縄明治乳業(浦添市牧港、村田紳社長)が、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で販売しているオリジナルスタンプの収益金を子どもの貧困解消に役立てようと、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」を合言葉に各市町村を巡回するPR活動を始めた。村田社長らが13日、最初の自治体となる浦添市の松本哲治市長を訪ね、協力を呼び掛けた。

子どもの貧困解消を目指し、LINEスタンプをPRする沖縄明治乳業の村田紳社長(左)と松本哲治市長=浦添市役所

 同社は毎年「明治ファミリー劇場」などの企画を通じ、子どもの「心の健康づくり」に尽力してきた。新聞報道などで県内の貧困問題の深刻さを知り企画を始動。収益金は全て沖縄タイムス社の「沖縄こども未来プロジェクト」、琉球新報社の「りゅうちゃん子どもの希望募金」へ寄付するという。

 村田社長は「子どもたちが健やかに成長することが沖縄県をよくすることにつながる」と思いを語った。松本市長は「素晴らしい取り組み。早速PRして応援したい」と応じた。

 スタンプは、乳酸菌飲料「明治メイグルト」のマスコットキャラクターがモチーフ。アプリ内で「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち」と検索し、40種類セット120円(税別)で購入できる。