【浦添】商店街を元気にしようと、屋富祖通り会(真栄田健作会長)の14店舗の入り口に、店主の似顔絵看板(縦約25センチ×横約20センチ)が設置された。似顔絵を描いたのは美術好きの仲西中2、3年生計9人。「屋富祖通り顔プロジェクト」と題し、浦添市の助成金約17万円で実現した。