【東】東村有銘の「花ぱ~く」(比嘉進代表)で、琉球王朝時代から大正末期ごろまで植えられたという、中国原産の樹木カントンアブラギリや、白から紫に色づくノボタンが開花し、訪れる人を楽しませている。  同パークは敷地約3千平方メートル。