沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の結果を受け、一般市民らでつくる「新しい提案実行委員会」の有志が、米軍普天間飛行場の代替施設の必要性を国民的に議論するよう求める陳情を全国全ての地方議会に提出することが、14日までに分かった。