那覇市の沖縄経営システム(稲福学代表)が漁業協同組合向けに開発した経営管理ソフトを、北海道の宗谷や青森県の大間など全国の漁協で導入する動きが進んでいる。十数年前に開発したソフトは、売り上げや仕入れの入力から財務処理まで連動した、使い勝手の良さが評判を呼び、県内の大半の漁協ですでに導入している。