仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」の運営会社が預かっていた顧客の資金を着服したなどとして、業務上横領と私電磁的記録不正作出・同供用の罪に問われた同社の元代表取締役マルク・カルプレス被告(33)に、東京地裁(中山大行裁判長)は15日、業務上横領については無罪とし、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 マルク・カルプレス被告

 カルプレス被告は初公判で「不正にお金を使ったことは一切ない」と無罪を主張した。(共同通信)