旧京都帝大の学者が1928年から29年にかけて今帰仁村の百按司墓から「盗んだ」遺骨のうち26体は、京都大学の回答によれば大学総合博物館の収蔵室で「プラスチック製の直方体の箱に収納して」保管されている。彼らはそれを元の墓に返還する気はないという。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。