安倍晋三首相が、限定的な集団的自衛権の容認に向けた検討に着手する方針を表明したことに、県内政党から賛否両論の反応が上がった。野党は一斉に反発したほか、憲法解釈の変更を与党の公明党県本部も批判的に受け止めている。