琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行の2014年3月期決算が15日までに出そろった。県内景気の回復を受け、3行とも企業向けの事業性融資が伸び、貸出金残高が増加。ただ、競争激化による金利の低下で、収益の柱となっている貸出金利息収入の落ち込みに歯止めがかからなかった。