沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄 米軍統治時代に「勝ち取った民主主義」【福元大輔記者の視点】

2019年3月17日 11:45

 土曜の昼下がりの那覇新都心公園に、主催者発表で1万人超が集まった。稲嶺進共同代表は「県民大会を何度開かなければならないのか」と憤り、高里鈴代共同代表は「普天間返還合意から23年間の運動を誇りに思う」と言った。ともに政府に無視されてきた歴史を振り返りながら、それでも闘いが続くことへの覚悟を呼び掛けた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間