豆腐よう専門店「龍の蔵」やスイーツ店「田芋工房 きん田」を展開するインターリンク沖縄(金武町、豊川あさみ代表)は、18日に開業する那覇空港の際内連結ターミナル内に「INTERLINK OKINAWA」をオープンする。

INTERLINK OKINAWAを紹介する豊川専務(右)と喜如嘉智奈店長=15日、那覇空港連結ターミナル

 龍の蔵ときん田のそれぞれで扱うブランド商品を展開。国内外の観光客だけでなく、沖縄から県外に出る出張客の手土産としての需要なども見込む。

 人気商品の「豆腐ようモダン」のほか、熟成期間が3カ月、6カ月、1年と異なる豆腐ようもそれぞれ販売。豆腐ようの原料の紅麹(こうじ)を使い、動物性の原料を使わないヴィーガンにも対応した「紅ぽん酢」も売り出す。

 きん田で人気の田芋チーズケーキを個包装にした「福花」も土産用に開発した。田芋パイもある。

 同社の豊川明佳専務は「観光客も県民も行き交う空港で、沖縄のお土産を発信していきたい」と話した。