沖縄タイムス+プラス プレミアム

軟弱地盤 大きな争点 政府、費用示さず新基地建設

2019年3月18日 12:39有料

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古沿岸部への移設を巡り、埋め立て予定海域東側にある軟弱地盤の評価が、今後の大きな争点となる。地盤改良の費用や工期の見通しで、政府と県の主張は対立。専門家からは、技術上の問題や施工後の地盤沈下を懸念する声も上がる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気