那覇市消防局は2月28日、ジョギング中に心肺停止となった男性の救助に当たった佐久本兼信さん(69)と山里建司さん(55)に感謝状を贈った。横浜市在住の藤井邦彦さん(50)にも感謝状を送付した、同じく救助活動に関わった氏名が分かっていない男性を感謝状を贈るために捜している。

感謝状を受け取った佐久本兼信さん(前列右)と山里建司さん(同左)=那覇市消防局

 男性は1月30日の夕方ごろ、新都心公園内でジョギング中に倒れ、意識を失い、心肺停止状態になった。後方でジョギングしていた佐久本さんが意識と呼吸がないことを確認して、近くにいた藤井さんに119番通報を依頼し、心臓マッサージを開始。近くにいた山里さんも加わり、交代で心臓マッサージを続けた。

 3人とは別の男性が市中央消防署に駆け込み、現場まで消防隊員を誘導した。

 佐久本さんは「なんとかしないといけないと思い、無我夢中だった。助かって安心した」と語り、山里さんは「佐久本さんが率先して救助に当たってくれていたので、手助けができればと思った。救命講習を受けていてよかった」と振り返った。

 市消防局は救助に当たった男性を捜している。問い合わせは同局、電話098(867)0119。