【中部】米空軍は16日、嘉手納基地所属のF15戦闘機のエンジンを構成するオーグメンター・ブリッジ・クランプと呼ばれる金属製の部品の一部がなくなったと発表した。15日の訓練中に脱落したとみている。原因や落下地点は不明で、被害情報はないという。