沖縄県警は18日、第11管区海上保安本部が管理するゴムボートに放火した疑いで1月16日に現行犯逮捕した大阪市の男(69)を、現住建造物等放火未遂の容疑で再逮捕=器物損壊の罪で起訴済み=した。昨年12月の自衛隊沖縄地方協力本部(那覇市前島、沖縄地本)への放火未遂事件に関与した疑い。男は調べに黙秘しているという。

発炎筒が投げ込まれ室内の簡易ベッドなどの一部が燃えた自衛隊沖縄地方協力本部=2018年12月22日午前10時55分ごろ、那覇市前島

 逮捕容疑は昨年12月22日午前3時半ごろ、自衛隊沖縄地方協力本部1階の高窓を割り、室内に燃料が入った缶と点火した発炎筒を入れ、建物を燃やそうとした疑い。放火に気付いた当直員が消し止め、簡易ベッドなどの一部焼損で済んだ。

 那覇地検は2月6日、11管区海上保安本部が管理するゴムボートに、点火した発炎筒を投げ入れたとして、男を器物損壊の罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。