沖縄本島周辺に生息していた天然記念物のジュゴン3頭のうちの1頭とみられる死骸が18日、今帰仁村の運天漁港沖の防波堤付近に漂着した。今帰仁漁業協同組合の組合員が発見し、漁港内で保管している。識者によると、同村古宇利島周辺海域に生息していた「個体B」とみられる。県や国は19日以降、この個体を確認し、死因などを調べる。

漁港の岸壁に横たえられたジュゴンの死体。左奥の突堤の海側に引っかかっていた=18日、今帰仁村・運天漁港

死んだジュゴンが発見された運天漁港

漁港の岸壁に横たえられたジュゴンの死体。左奥の突堤の海側に引っかかっていた=18日、今帰仁村・運天漁港 死んだジュゴンが発見された運天漁港

 ジュゴンは日本では沖縄本島周辺だけで確認されている。

 発見されたジュゴンは体長約3メートル。頭部や顔、胸ビレに傷や出血があり、ところどころ皮がむけている。生きている個体Bが最後に確認されたのは今年1月8日。沖縄防衛局による同海域の航空機調査だった。

 同漁協組合員は午後5時すぎ、防波堤付近でジュゴンを発見。尾びれにロープを結び、船で引っ張って漁港内に運び入れ、県と環境省に連絡した。

 ジュゴンネットワーク沖縄の細川太郎事務局長は身体的特徴から個体Bと断定。「沖縄島周辺の3頭の中でも唯一確認できていたジュゴンだった」と残念がった。(北部報道部・又吉嘉例)