那覇市の英会話教室「ファミリーイングリッシュスクールインターナショナル」に通う5、6歳児4人が、本年度第3回の実用英語技能検定試験(英検)で、中学卒業レベルに相当する3級に合格した。同教室によると、昨年度から英語での質問に対し自分の考えを文章で答えるライティングが導入されて以降、この年齢での3級合格は県内最年少とみられる。

英検3級に合格した(左から)川田真也ちゃん、下地かのんちゃん、永田真悠ちゃん、平良桃華ちゃん=18日、那覇市壺川

 合格したのは、同教室幼児部の川田真也ちゃん(5)、下地かのんちゃん(5)、平良桃華(もか)ちゃん(6)、真栄原カトリック幼稚園の永田真悠(まゆ)ちゃん(6)。英検3級では英会話での面接や長文読解、リスニングなどが試された。2度目の挑戦で合格した真悠ちゃんは「前回は5点足りなくて不合格だった。作文の練習を頑張ったので、合格できてうれしい」と自信をつけていた。

 将来は歯医者になりたいというかのんちゃんは「毎日家でもライティングやリーディングの勉強を頑張った」と笑顔。桃華ちゃんも「英語の本を読んだりゲームで勉強したりするのが楽しい。将来はお医者さんになるために算数の勉強も頑張りたい」と話した。

 暗記が得意だという真也ちゃんは「サッカー選手になって外国に行けるように、英語をたくさん覚えて使いたい」と目標を語った。

 同教室の大城さとみマネジャーは「4人の快挙に驚いている。継続力と自発的に学ぶ力は大人に負けていない」と喜んだ。