学校現場や地域における優れた教育実践や研究を顕彰する第56回沖縄タイムス教育賞の贈呈式・祝賀会が18日、那覇市内のホテルであり2氏1団体に賞状などが贈られた。

沖縄タイムス教育賞を受賞した(左から)野里純さん、仲田丘さん、久米島町西銘老人クラブの盛吉秀雄さん=18日、那覇市・沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

友人や同僚らから花束を受け取る受賞者=18日、那覇市・沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

沖縄タイムス教育賞を受賞した(左から)野里純さん、仲田丘さん、久米島町西銘老人クラブの盛吉秀雄さん=18日、那覇市・沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ 友人や同僚らから花束を受け取る受賞者=18日、那覇市・沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

 受賞者・団体は仲田丘(つかさ)さん(60)=宜野湾市立嘉数中学校校長、野里純さん(44)=那覇市立那覇中学校図書館司書と、久米島町西銘老人クラブ(盛吉秀雄会長)。

 沖縄タイムスの武富和彦社長は「子どもたちに寄り添うだけでなく、周囲の大人と連携を深めることで子どもたちの環境をより良くすることに尽力された」と功績をたたえ、賞状を手渡した。

 受賞者を代表し、仲田さんが「目の前の小さなことに取り組んできた結果、このような大きな賞を頂けて光栄だ。今後ももっと前へ前へと進んでいきたい」と喜びを語った。
 

輝く功績 教え子ら祝福

 18日に開かれた沖縄タイムス教育賞の贈呈式と祝賀会には家族や教え子、同僚ら約120人が訪れ受賞者を祝福した。「受賞おめでとう」「これからも頑張って」と、花束を手渡されたり握手したりしながら、互いに喜びを分かち合った。

 学校経営の功績が評価された仲田丘(つかさ)さん(60)=宜野湾市立嘉数中学校校長=のもとには、今月同校を卒業したばかりの生徒たちも駆け付けた。仲田さんは取り組みの一つとして運動会の様子を動画で紹介。生徒たちが一体となって行事をつくり上げる様子を振り返り「中学生のパワーはすごい。皆がやってきてくれたことに感謝している」と感無量の表情で礼を述べた。

 図書館教育に力を注いできた野里純さん(44)=那覇市立那覇中学校図書館司書=は多くの司書仲間が激励。「子どもたちにどんどん使ってもらえるような図書館をつくっていきたい」と意気込みを新たにしていた。

 タイムス教育賞として、初めて老人クラブでの受賞となった久米島町西銘老人クラブ。久米島からは大田治雄町長はじめ地域住民も多く足を運び、活動をねぎらった。会員の譜久里廣貞さん(89)は「これからも元気で子どもたちと付き合っていきたい」と満面の笑顔を見せた。