沖縄県内の腎臓内科に従事する透析医は2016年度103人で、08年度(56人)からの8年間で倍近くに増えていることが県の調べで分かった。高齢化や生活習慣病の増加が背景にあるとみられる。