沖縄県今帰仁村の運天漁港に漂着した国の天然記念物ジュゴンの死骸について喜屋武治樹村長は19日午前、死因調査を沖縄美ら島財団に委託し、その後全身骨格の標本を村歴史文化センターに展示する考えを示した。同財団関係者との協議で決定した。財団が調査に入るまでの間は運天港にある今帰仁冷凍冷蔵施設に保管する。

ジュゴンの大きさを測る漁協関係者=19日正午ごろ、今帰仁村・運天漁港

 喜屋武村長は「死骸で見つかったのは大変残念。死因究明を待ちたい」としつつ、「今帰仁の海にジュゴンが生息しているということを多くの人に知ってほしい」と標本展示の意義を語った。

 今帰仁漁協の計測によると、ジュゴンは全長約3メートル。與那嶺好和組合長によると、「古宇利島周辺で漁師の目撃情報は度々あった」という。

 ジュゴンは古宇利島周辺で確認されている個体Bとされ、18日夕に今帰仁漁協の漁師が漁港付近に漂着しているのを発見した。

 死骸を確認したジュゴンネットワーク沖縄の細川太郎事務局長は「いろんな傷があるが現段階で死因は特定できない。きれいな環境を守っていけばまたジュゴンは戻ってきてくれると思う」と話した。