不条理劇とされる古典をオムニバスにした「路地裏の楽園」(宮川雅彦翻案・構成・演出)が9日から11日まで那覇市のアトリエ銘苅ベースで上演された。作品個々のエッセンスを生かして笑いをちりばめながら進行。