群馬県立勢多農林高(前橋市)2年の伊藤有紀さん(17)が2月、いじめがあったことをうかがわせるメモを残して死亡した問題で、同県教育委員会は19日、いじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」と認定したことを明らかにした。

 県教委によると、遺族が、有紀さんがいじめを受けて自殺したと申し立てていたため、学校側が今月8日、重大事態に該当すると県知事に報告していた。

 学校が現在、いじめの有無などについて調査しており、3月中に遺族に報告する見通し。遺族は第三者委員会での調査を要望している。(共同通信)