滋賀県東近江市の湖東記念病院の呼吸器外し事件で、殺人罪で懲役12年の判決が確定し服役した元看護助手西山美香さん(39)が19日、再審開始の確定を受け大津市内で記者会見し「何度もあきらめかけたが、再審開始は弁護団や支援者らのおかげ。無罪判決がもらえるよう頑張りたい」と涙ながらに語った。

 記者会見を前に笑顔で井戸謙一弁護士(左)と握手する西山美香さん=19日午後、大津市

 市内のビルで午後5時ごろから始まった会見に、グレーのジャケットに薄いピンクのワイシャツ姿で現れた西山さん。「冤罪で刑務所に入らなければならず、嫌なこともたくさんあったけど、再審開始決定を得ることができて良かった」と振り返り、時折ハンカチで目元を押さえた。(共同通信)