【ジュネーブ共同】世界的に倫理面の問題が指摘される人間のゲノム編集に関して世界保健機関(WHO)が設置した諮問委員会の初回会合が18~19日、ジュネーブで開かれた。現時点でゲノム編集を医療行為などに用いることは「無責任」と非難し、適切に管理するために厳格な国際基準の必要性で合意した。

 今後、約2年かけて専門家や関係者で討議を重ね、科学や倫理、社会、法的な問題点を検討。国際基準作成のための勧告をまとめるとしている。

 勧告作成には透明性と開放性、責任の確保を中核原則とすることでも一致。このためにゲノム編集研究のデータベース作成が必要だと訴えた。(共同通信)