【東京】南西地域の防衛強化を掲げる政府は、陸上自衛隊の初動を担う警備部隊の配備地の一つを、奄美大島(鹿児島県)とすることで調整を始めた。最終的な配備先は複数となる見通しで、石垣島、宮古島も有力候補地として、防衛省が具体的な配備地の選定作業を進めている。