愛知県の大村秀章知事は20日、豚コレラ発生で一部制限されている豚の出荷が県全域でできるようになるのを前に、県庁で名古屋名物みそカツを平らげ、地元産の安全性をPRした。大村知事は「おいしい豚肉を安心して食べて」と呼び掛けた。

 愛知県庁で名古屋名物のみそカツを食べ、地元産豚肉の安全性をPRする大村秀章知事=20日午後

 県によると、県内では2018年2月1日時点で約33万頭を飼育しており、都道府県で10番目に多い。豚コレラは人にうつらず、感染した豚の肉を食べても影響はない。

 愛知県では今年2月、豊田市と田原市の養豚場で豚コレラを確認した。現在、田原市の発生養豚場から3キロ内で豚を運ぶことを禁じた移動制限が続いているが、今月25日に解除される見通し。(共同通信)