沖縄タイムス+プラス ニュース

ウェッブ氏直訴に意義 米大統領選候補に浮上

2014年5月21日 07:47

 【平安名純代・米国特約記者】稲嶺進名護市長が、次期米大統領選挙の民主党候補として出馬する可能性が浮上しているジム・ウェッブ元上院議員(68)に直接訴えた意義は大きく、今後の展開が注目される。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気