【東京】石垣市の玉津博克教育長は20日、文部科学省の上野通子政務官と面会し、八重山地区の中学校公民教科書の採択問題で県教育委員会が竹富町を単独採択地区化する方針を示していることに「全く理解ができない判断だ」と批判。上野政務官も「八重山は一体でやるべきだ」と従来の国の認識を示したという。