【ワシントン19日=伊集竜太郎】訪米中の稲嶺進名護市長と玉城デニー衆院議員は19日、ワシントンにある保守系シンクタンクのケイトー研究所で講演した。基地の過重負担や、米兵の事件などによる人権侵害、普天間飛行場の辺野古移設に伴う埋め立てで貴重な自然が破壊されると訴えた。