沖縄タイムス+プラス ニュース

衆院沖縄3区補選:瑞慶山茂氏が出馬を断念 屋良氏支援へ政策協定

2019年3月21日 08:44

 4月21日投開票の衆院3区補欠選挙へ立候補を表明していた沖縄戦被害・国家賠償訴訟弁護団長で弁護士の瑞慶山茂氏(75)は20日、県庁で会見し、出馬を取りやめ、立候補予定の屋良朝博氏(56)を支援すると発表した。両氏は同日、戦後補償に向けた立法化など戦争被害者救済に取り組む政策協定を結んだ。

出馬を取りやめ、屋良朝博氏(左)と政策協定を結んだ瑞慶山茂氏=20日、県庁

 瑞慶山氏は屋良氏に一本化した理由を「沖縄の基地問題を含め団結して県民の声を表明することが大事だ」と述べた。その上で「屋良氏の人柄と深い見識に接し、支援者と自らの思いを託すことにした」と出馬を取りやめる考えを示した。

 重点政策は(1)国に民間の戦争被害者への謝罪と救済、被害調査を求める(2)被害者、遺族らを救済する立法に取り組む(3)米軍基地の早期撤去-の3点。屋良氏は「戦争で被った心の痛みを胸に政治活動に反映させていきたい」と述べた。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング