沖縄県今帰仁村の百按司(むむじゃな)墓にあった琉球時代の遺骨を旧帝国大学の日本人学者が持ち出し、それを保管していた国立台湾大学(台北市)が18日県へ全て返還したことが分かった。百按司墓から持ち出されたとみられる33体を含む63体の遺骨が県立埋蔵文化財センターに届いた。今後同センターが保管する。