4月21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙まで1カ月となった。立候補を表明している自民党公認で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)と、無所属でフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)は県内各地に支部を結成。支援組織の会合を回ったり、街頭演説などに力を入れ、支持拡大に奔走している。