那覇市は20日、1935年ごろを想定した当時の那覇のメーンストリート「大門前(ウフジョーメー)通り」の模型や琉球王国時代の那覇港が描かれた屏風(びょうぶ)、国宝の「玉冠」の複製品を初公開した。市歴史博物館の新規展示資料として、7月2日まで同博物館で特別展示される。