沖縄県が導入を目指す観光振興のための新税(観光目的税)について、観光業界や有識者らで検討する委員会(下地芳郎委員長)のメンバーが20日、県庁を訪れ同委員会や分科会でまとめた提言書を提出した。