竹富町教育委員会が保守色の強い育鵬社版の中学校公民教科書を拒否し、八重山採択地区からの離脱を求めている問題で、県教委(宮城奈々委員長)は21日の定例会で分離を認め、町単独での採択地区に変更することを決めた。