「第49回春のらん展示会」(主催・北部らん友会、共催・沖縄タイムス社)が22~24日、沖縄県名護市の「道の駅」許田道路情報ターミナルで開かれる。北部地域の愛好家14人が出品。オレンジやピンク、白色など愛情を注ぎ育てたラン124点が並ぶ。入場無料で午前9時~午後5時。

ラン愛好家による124点の作品が展示される会場=21日、名護市・「道の駅」許田道路情報ターミナル

 21日には応募作品の審査があり、最優秀賞の沖縄タイムス社長賞には玉城政隆さん(今帰仁村)のデンドロビウムが選ばれた。同会の宜野座巖会長は「多くの品種がそろい、見応えがある。会員が常駐しているので、栽培方法など気軽に相談してほしい」と、多くの来場を呼び掛けた。

 その他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 金賞=名渡山兼文、宜野座巖▽銀賞=与那覇誠勝、仲村康和▽銅賞=藤村千代、具志堅政和▽奨励賞=野間大志▽栽培賞=伊良波幸三▽珍品賞=山田欣司