名護市辺野古の新基地建設に関する県民投票で、反対票が投票者数の7割を超えた結果を受け、玉城デニー知事が、新たな動きを見せている。