沖縄県うるま市具志川の県道37号沿いにある、小さな黄色い看板が目印の家庭料理店「幸.叶.(こ と )」。具志川出身のオーナー、運天洋子さん(54)が自宅を改装してオープンし、ことしで11年目になる。テーブルや椅子は手作りで、実家のように落ち着ける温かい雰囲気が長年、地域から愛されている。

お薦めの「ソーキ中華炒め」(650円)はソーキと野菜がたっぷり

お店に時折、手伝いに来る娘の古謝わかなさんが手に持つ日替わりの幕の内(650円)も大人気メニューの一つだ=うるま市具志川

幸.叶.の場所

お薦めの「ソーキ中華炒め」(650円)はソーキと野菜がたっぷり お店に時折、手伝いに来る娘の古謝わかなさんが手に持つ日替わりの幕の内(650円)も大人気メニューの一つだ=うるま市具志川 幸.叶.の場所

 「3歳ぐらいから祖母と一緒に料理をしてきた」と運天さん。ずっとお店を開くのが夢で、病院や専門学校内の食堂で約10年ほど働いてきた。当時は具志川の周辺には食堂があまりなかったという。「地域の人に安くておいしいものを提供したい」との思いで開店を決めた。

 メニューは厳選した6種類。お薦めの「ソーキ中華炒め」(650円)は「バランス良くがっつり食べてほしい」と大きく切ったトロトロのソーキに、白菜や小松菜などの野菜がたっぷり。オイスターソースをベースに、しょうゆなどの調味料で甘辛く仕上げた。「体に良いものを」と大豆を発酵させた「豆豉(とうち)」という食材も加えた一品だ。日替わりの幕の内(650円)は刺し身や天ぷら、ジーマーミー豆腐など仕入れ状況によって内容は変わるが常時10種類以上が並ぶ。セルフサービスで全ての料理にコーヒーが付く。

 「もっと値段を上げなさい」と言われることもあるそうだが、10年間、一切値上げをせずにやってきた。「これからも足を運んでくれる地域の方のため、値段は変わらずできる限りやっていきたい」と笑みを浮かべた。(中部報道部・大城志織)

 【お店データ】うるま市具志川3030の1。営業時間は平日のみで、午前11時~午後3時。土日祝は定休。駐車場は約6台。電話090(3795)8543。