共同通信 ニュース

女子バスケの吉田亜沙美が引退 リオ五輪で代表主将

2019年3月22日 13:02

 2016年リオデジャネイロ五輪で20年ぶりに8強入りしたバスケットボール女子の日本代表主将を務めた吉田亜沙美(31)が引退すると、所属するJX―ENEOSが22日、発表した。25日に記者会見を開く。

 リオデジャネイロ五輪バスケットボール女子準々決勝の米国戦でゴールを狙う吉田(12)=2016年8月、リオデジャネイロ(共同)

 吉田は10年の世界選手権でアシスト王に輝いた。リオ五輪ではチームの司令塔として活躍した。JX―ENEOSでは、今季の女子Wリーグで前身の日本リーグ時代と合わせ史上初となる11連覇に貢献。皇后杯全日本選手権との6年連続の2冠も果たした。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS