東京都港区で昨年2月、男性を乗用車ではねて死亡させたとして、東京地検は22日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反の罪で、元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士(79)を在宅起訴した。

 石川被告は昨年2月18日午前、港区の都道で乗用車を運転中、東京都足立区の堀内貴之さん=当時(37)=をはねて死亡させたとして、12月に書類送検された。

 石川被告は東京地検特捜部でロッキード事件などの捜査に加わり、1989年に特捜部長に就任した。福岡、名古屋の両高検検事長を経て2001年に退官し、弁護士登録した。(共同通信)