【石垣】農耕で重要な役割を果たしてきた牛馬に感謝し、農畜産の発展や地域の繁栄を願う「ウシィヌニガイ(牛祭祀)」が10日、平田原北方のカク山にあるウシィヌオン(牛御嶽)で行われ、市石垣の住民ら約60人が参加した。石碑の前に一対の獅子頭を飾って、神司が米や酒、餅などを供えて祈願。