沖縄の基地反対の声は、アジアで沸き起こっているうねりにつながっている。安里英子さんは、その胎動を敏感に受け取り、思想として練り上げてきた。本書の初めに記された「民族を超えた共同体を-国家からの解放」という提言にハッとした。沖縄独立論にさえ「ナショナリズム」を感じる批評精神は鋭い。