県建設業協会(下地米蔵会長)は会員企業と連携し、人材不足が顕著になっている鉄筋・型枠基礎技能工の育成に乗り出す。厚生労働省の緊急雇用創出事業を活用。13企業が一定期間の賃金助成を受け、6~10月にかけ、125人を正社員として採用する計画。