【東京】下村博文文部科学相は23日の閣議後会見で、文科省の是正要求に応じない竹富町の違法性を確認する訴訟について「提起しない」と述べた。単独採択地区となる竹富町が教科書を採択し直せば来年4月からは「違法状態」ではなくなるため訴訟の目的が達成できないと判断、提起を断念した。