沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究グループが、沖縄近海に最も多く分布しているミドリイシサンゴの113種類全ての個体識別に対応できる可能性があるDNA解析技術の開発に成功した。ミドリイシサンゴのDNA解析はこれまで5種類しかできていなかった。全ての種類に対応できる解析技術の開発は世界初。