岐阜県は23日、豚コレラ感染を確認した同県山県市の養豚場の飼育頭数が、約3千頭だったと明らかにした。当初は養豚場の報告を基に約2千頭と発表していたが、殺処分前に数え直した。県は24日までに殺処分を終える予定で、頭数の訂正は作業に影響しないとしている。

 県は23日午後も殺処分を続けた。養豚場は今月1日、経営が同じ山県市内の別の養豚場に400頭余りを運び入れており、県は感染が広がっていないか調べている。(共同通信)