太平洋戦争時、日本の統治領だった旧南洋群島(北マリアナ諸島)で犠牲になった沖縄県関係者の墓参を続ける南洋群島帰還者会(平良善一会長)は25日、「第45回南洋群島・慰霊と交流の旅」に出発する。  26日にサイパンで、27日にテニアンでそれぞれ慰霊祭を開くほか、現地の人との交流も予定している。